ADA販売特約店 - ADA300アイテムショップ
生体紹介「スファエリクティス・バイランティ」 2019年4月19日

生体紹介「スファエリクティス・バイランティ」

IMG_7349

【スファエリクティス・バイランティ】Pr¥1,980

IMG_7353

生息地:ボルネオ島(インドネシア)

サイズ:6cm

西カリマンタンのカプアス水系に生息

1930年に発見されて、存在自体は知られていましたが長らく

流通はなく、「幻のチョコグラ」と呼ばれていました。

IMG_7355

最近では年に1度は見られますが

シーズン物なので逃がすと1年後といったところです。

本来、地球上の動物界における雌雄の性的二型は

オスに顕著な特徴が出やすいのですが

本種のメスは、婚姻職として激しい横縞のゼブラ模様が現れ、

エキゾチックなメタリックモスグリーンになります。

(そのためしばらくは逆に思われていました。)

IMG_7350

タマシギというチドリ目タマシギ科の鳥もまたメスが美しい動物です。

 

このメスが美しい生物たちは共通的に「オスの子育て」が見られます。

つまり子育てをする方が、より美しい遺伝子を選択しがちであり、

雌雄差における性的二型は子孫の残し方がキーワードになりやすいようです。

IMG_7347

チョコレートグラミーやバイランティなどのスファエリクティス属(Sphaerichthys )は

子育てとは呼べないかも知れないが口内繁殖をする「マウスブルーダー」と呼ばれており

受精した卵を2~3週間くわえ稚魚にするという

子孫繁栄の最後のリスクを担います。

 

この2~3週間、目立つ必要はありませんのでオスの地味な理由も納得いただけるでしょう。

IMG_7349

アクアリウムショップアース

アクアリウムショップアース

東京都世田谷区奥沢1-52-3
TEL:03-5754-4511
info@earth-y2011.com

営業時間 10:00 ~ 21:00
定休日 毎週 火曜日