ADA販売特約店 - ADA300アイテムショップ
植物紹介「ジャングルプランツ」 2019年3月22日

植物紹介「ジャングルプランツ」

IMG_7145

ADAから熱帯性植物・ジャングルプランツが発売されました。

今回ジャングルプランツは「小型着生ラン」がメインです。

最近では2月に「世界らん展」もありましたね。

地球の歴史上、ランは被子植物の中で最も新しく誕生した植物で

非常に短い期間でたくさんの種類が増えました。

まだまだ進化し続ける魅力たっぷりのランの世界を是非楽しんでください。

『ジャングルプランツ小型着生ラン』

【バルボフィラム・アンブロシア】¥2,916(税込み)

Bulbophyllum ambrosia

IMG_7120 IMG_7121

 

中国南部~ベトナムの常緑樹林に分布しており

石灰質の岩や苔むした岩、樹上にまで幅広く着生し、暑さや寒さにも強い種類です。

バルブ合わせると7㎝程になり節間(せっかん)も長くなりやすいですが、テラベースでは

斜めにツル状に這わせて活着させると自然な演出ができます。

2㎝程の白花で萼片(がくへん)にピンクのラインが入り蜂蜜に似た香りがします。

【ディネマ・ポリブルボン】¥2,160(税込み)

Dinema polybulbon

でぃねまMG_7117 IMG_7118

中南米メキシコ~ニグラグア、キューバ、ジャマイカに自生する

ポピュラーな原生ラン。生長が早い強健種で、水分を好みますが乾燥にも

比較的強いです。黄花で縁が波打つ大きめの白いリップを持ちます

以前はエンシクリア(Encycila)の属名でしたが属名が変更となりました。

【セロジネ・フィンブリアータ】¥2916(税込み)

Coelogyne fimbriata

IMG_7123 IMG_7125

東南アジア~インドの低地林に広く分布しており、温度・湿度変化にも

よく耐える強健種で、侘び草マットやテラベースに使いやすい種類です。

バルブから二枚の葉を展開させ、その間から花芽(はなめ)を伸ばします。

花径(かけい)3.5cmの白い黄色い花で波打つリップには褐色がのります。

【エピデンドラム・パーポックス】¥3,888(税込み)

Epidendrum porpax

IMG_7129 IMG_7130

 

中南米の標高400m~1800mに自生する着生ランです。

有茎草のような育ち方をする種類ですが、高さはそれほど出ず、節間(せっかん)が短く

まとまった群落作りやすいです。柔らかい光を好み強光下では、紅葉してしまいます。

寒さに強く、無加温での屋内越冬可能。花は2㎝程で、膨らむリップが赤く色づきます。

【メディオカルカ・バーステージ】¥3,564(税込み)

Mediocalcar versteegii

IMG_7131 IMG_7132

 

パプアニューギニア原産の着生ラン、ベルような可愛らしい紅白のツートンカラーの花を咲かせます。

同属のデコラタムより大きいサイズで、葉は5㎝程で細葉のオリーブのような姿に生長します。

日陰に自生しているため、照明を使わない環境や、光が当たりずらい場所で役立ちます。

【メディオカルカ・デコラタム オレンジ】¥2,376(税込み)

Mediocalcar decoratum”orange”

IMG_7133 IMG_7134

 

パプアニューギニアに自生する小型着生ランでメディオカルカ属の代表種です。

生育が早く、花付きが良く、花はベル型でオレンジに黄色い縁取りが特徴です。

標高900m~2500mの高地に自生しているものの、比較的暑さにも強い丈夫な種類です

【セラトスティリス・フィリピネンシス】¥3,888(税込み)

Ceratostylis philippinense

IMG_7136 IMG_7137

フィリピンの標高700~2000mに自生する

細葉の小型着生ラン。葉の形はネオラウケア・プルケアに似てますが

多肉質でバルブを待たず、節間(せっかん)が短いため群生美を楽しむことができます。

1㎝程と小さな白花ですが、星形で香りが強いのが特徴です。

【マキシラリア・ソフロニティス】¥2,116(税込み)

Maxillaria sophronitis

IMG_7139 IMG_7140

ベネズエラやコロンビアの雲霧林の樹上に着生する、マキシラリア属の小型種

です。バルブと葉を合わせても4㎝程度で、赤く小さな花を年に数回咲かせることもあります。

生長が早く、テラベースや詫び草マットとの相性も良いです。

【ネオケラウケア・プルケア】¥3,429 (税込み)

Neolauchea pulchella2”pink”

IMG_7141 IMG_7143

大きくても1㎝のバルブから細長い4㎝程の葉を1枚伸ばします。

ブラジル南部のやや涼しく湿度の高い場所に自生しており、

紫単色の花が咲くと存在感が出ます。

細葉のわりに節間は2㎝とやや長いためツタ状に展開させていくのが

おススメです。旧属イザベリア(Isaberia)の名でも流通してます。

・・・・・・用語・・・・・・

 

バルブ…茎の節間から生じる貯蔵器官、和名は偽鱗茎(ぎりんけい)

節間…せっかん、節と節との間。葉や枝の出ている箇所を節のこと。

萼片…がくへん、花の萼を構成する小片。

花芽…はなめ、成長して花になる芽。

花径…(かけい)自然開花状態での花の寸法

アクアリウムショップアース

アクアリウムショップアース

東京都世田谷区奥沢1-52-3
TEL:03-5754-4511
info@earth-y2011.com

営業時間 10:00 ~ 21:00
定休日 毎週 火曜日