ADA販売特約店 - ADA300アイテムショップ

アクアリウムの歴史

アクアリウムの起源

熱帯魚

アクアリウムの起源ははっきりと分かっていませんが、魚を飼育するという観点からいえば古代ローマの壁画からやエジプトの美術館からその姿を確認することができます。

しかし当時は観賞用として楽しんでいたわけではなく、食用として魚を育てていたようです。食料の保存方法が限られていた時代でしたから、新鮮な魚を食べるためには漁に行く必要がありました。その手間を省くために、魚を飼育していたのです。

目的は異なりますが、魚を飼育するという点ではアクアリウムの原型ともいわれています。

観賞用アクアリウムの始まり

金魚

観賞用アクアリウムの最も古い記録は、およそ2000年前の中国にあるとされています。

当時の中国ではフナやコイの養殖を行っており、突然変異した黄赤色のフナである「金魚」が誕生しました。金魚の美しさに魅せられた人は多く、新たな変種同士の交配が行われ様々な品種が誕生していきます。現在の多種多様な金魚の種類は、当時の人々が品種改良を行った努力の結果といえるでしょう。

日本でも室町時代の終わり頃に金魚が持ち込まれ、ごく一部の上流階級の家庭で観賞用として楽しまれていたといわれています。

世界的なアクアリウムの普及

1851年に開催された「ロンドン万国博覧会」では、鋳鉄のフレームにガラスをはめ込んだ水槽を使った大規模なアクアリウムが展示されました。それをきっかけに、世界的にアクアリウムが広まりはじめます。
このロンドン万国博覧会の影響により、日本でもアクアリウムに注目が集まりますが、当時は飼育環境を整えるための器具も発達しておらず、アクアリウムを始めることは簡単なことではありませんでした。

現在では設備の発展や品種改良などにより、熱帯魚の飼育難易度や水草の育成難易度は低くなり育てやすくなっています。昔に比べ、気軽にアクアリウムを楽しめる環境になったといえるでしょう。

自由が丘エリアでアクアリウムショップをお探しであれば、アースをご利用ください。アースではアクアリウム初心者の方からベテランの方まで、誰もがご満足いただけるよう全力でサポートさせていただきます。ご不明な点や気になる熱帯魚のことなど、是非お気軽にご相談ください。

入門者・初心者向けアクアリウムなら【アクアリウムショップアース】 概要

ショップ名 アクアリウムショップアース
所在地 〒158-0083 東京都世田谷区奥沢1-52-3
電話番号 03-5754-4511
メールアドレス info@earth-y2011.com
URL http://www.earth-y2011.com/
業務内容 熱帯魚・レイアウト水槽専門店
説明 熱帯魚・レイアウト水槽専門店の『アース』では、種類豊富な熱帯魚や水槽、水草などを取り揃えております。これからアクアリウムや熱帯魚の飼育を始めたいという初心者・入門者の方もサポートいたします。当店はADA商品を常時300商品以上揃えた特約店です。自由が丘エリアに店舗がございますので、お近くにお越しの際はお立ち寄りください。

入門者や初心者向け水草・水槽・アクアリウムなら専門店へ

アクアリウムショップアース

アクアリウムショップアース

東京都世田谷区奥沢1-52-3
TEL:03-5754-4511
info@earth-y2011.com

営業時間 10:00 ~ 21:00
定休日 毎週 火曜日